【在庫一掃】 300粒 PARTNER 「盛×2・モリモリ」-その他

  • 【在庫一掃】 300粒 PARTNER 「盛×2・モリモリ」-その他




    「盛×2・モリモリ」の体験の声:伝言板より下記をクリック!



    キノコ菌系体って何?
    アガリクスキノコ を生み出すのは菌糸体ですから、キノコにとって菌糸体は親にあたります。(キノコが傘の裏に持つ胞子を飛ばして、キノコ菌糸体をつくることから、キノコのほうが親でキノコ菌糸体はその子供のように思われがちですが実際はその逆です。)キノコはキノコ菌糸体を母に持つ子供に すぎません。これを人間に例えてみると、キノコ菌糸体は妊婦にあたり、はえてくるキノコは生まれたての赤ん坊ということになります。(私達が食べるシイタケの傘の部分は子実体と名付けられています。)ご存知の通りシイタケは、肝臓の機能を守ったり血液中の脂肪分を減らしたりする働きがある代表的な健康食品のひとつですが、このシイタケ菌糸体はシイタケ本体よりケタ違いに栄養価が高く、β-グルカン・食物繊維・多糖タンパク・エリタデニン・の成分がたくさん含まれています。冬虫夏草というキノコも同様。特殊な発酵方法を通して吸収率を高めたシイタケ菌糸体を培養し、栄養分を抽出したのが『盛×2』です。
    冬虫夏草って何?
    冬虫夏草 昆虫に寄生する特殊なキノコ類のことで「冬は虫の状態で過ごし、夏になると植物に姿を変える」と思われていたことからこう呼ばれています。実際には菌の胞子が生きた昆虫の体に入り込み、菌糸体を張りめぐらせて体内の養分を吸収しながら育ち、成長して昆虫の体の外にキノコを生やします。チョウやガ、甲虫類、ハチ、アリ、カメムシ、セミなどの成虫や幼虫に寄生し、世界で350種ほどが発見されています。セミに寄生するセミタケなどは古くから鎮痛・鎮静薬として使われていましたが、それ以外でも最近は健康食品素材としての価値が認められ、取り扱いが急増。『盛×2・モリモリ』に使用している冬虫夏草菌糸体発酵末は、チベット産の上質品を利用しています。
    モリモリの原料は中国なの?
    北京研究所 『盛×2・モリモリ』の原料は,このページの始めにも載っていますが、医食同源の長い歴史を持つ中国の政府機関である科学技術院内の北京市栄養源研究所(左の写真)で開発されました。原料のキノコ菌糸体(椎茸菌糸体大豆発酵液・冬虫夏草菌糸体発酵液)は、動物実験・人間の臨床試験では数百人の臨床テストをしています。
    1カプセルが高単位・高吸収率?
    ●高単位とは?
    『盛×2・モリモリ』の1カプセルの中にβ-グルカン・食物繊維・多糖タンパク・エリタデニン・水溶性リグニン などの生理活性物質が豊富に入っています。
    アミノ酸:アルギニン・グルタミン・システィン・メチオニン・プロリン・チロシン・トリプトファン・リジン・ヒスチジン・フェニルアラニン・ロイシン・イソロイシン・パリン・アラニン・グリシン・セリン・スレオニン・アスパラギン酸(計18種のアミノ酸が含有)
    ●高吸収率とは?
    本来ならキノコ菌糸体は私たちの体では、消化できる力がないのです。しかし『盛×2・モリモリ』の原料はバイオ技術の北京市栄養源研究所で、大豆発酵技術でキノコ菌糸体をあらかじめ消化した形での食品化、つまり人間が体内に吸収することのできる菌類食品の開発が十数年の研究により可能となりました。中国特許 91-1099085 日本特許 第2028687号 バッチリ吸収しますヨ~。店長カネゴンも飲んで感激!すごい!!飲んでこんなに感じるものを世に出していいの?って思ってしまいました。
    どんな風に飲むのかが効果的?
    健康食品ですので時間、方法は自由ですが、空腹時が特に理想です。目安として1日(7~8粒)を朝・夕2回に分けて召し上がるとよいでしょう。食品ですので、多量に飲んでも差し支えありませんし多めに飲めば違いがわかります。




    ★★お得な定期便★★
    ↓↓↓↓↓

    2016年10月07日

  • 【在庫一掃】 300粒 PARTNER 「盛×2・モリモリ」-その他

    2016年08月19日

【在庫一掃】 300粒 PARTNER 「盛×2・モリモリ」-その他